前回の記事(デッキ迷走編)を読んでいない方は是非そちらを読んで欲しい。

前回現れた3個の課題を全てクリアした青黒を作るのは非常に困難だった。
  • 先手後手に関わらず、強い動きができるカード選択とマナカーブ
  • 後手覚醒時に盤面を返しつつ相手のライフを詰めれる構成
  • 従来のアグロ通り、6コア目のミモザ>次のターンに勝つ動きが問題なくできる

はじまり

アネットマルドゥク
カードリストを仕事中見ていたら、まずこの2枚に焦点が当たった。

アネット+デスウィッチの相性はもう既に知れ渡っており、
出したターンに相手のカードと相打ちを取り、残ったトークンでライフを取る。
この動きは鉄板といっても過言ではなく、たとえ1コスト重くともマルドゥクではなくアネットを入れた方が十分に強い。
それに対してマルドゥクは以下の欠点を抱えていた。
  • 中央のミニオン自体は強襲も何もつかないため、効果を十分に発揮できない
  • マルドゥク>中央のミニオンの順番で除去されることが多く、再生の意味が薄い
  • デスウィッチに再生がつくため、ゴーストトークンが出ない
しかし2コストで運用できる上、自信が強襲を持っていることを考えると、
出てくるミニオンに「速攻」なり「強襲」なりの能力を与えればアネット以上の仕事をする。
それが「速攻」であれば、
「覚醒ターンに盤面を返しつつライフを取る」
この課題をクリアすることができるのだ。

私「レギオンズ公式サイト、フリーワード「速攻」で検索」

ソウルアクセル
違うお前じゃない




躍動
これだ、これなら1コストでマルドゥクの効果で再生を持ったミニオンに、
速攻を与えることができる上、パワーが1上がるオマケつき、つまり

速攻付きウォークライ

という化け物カードになる。これで方向性は決まった。
「マルドゥク+躍動する死者」のコンボを最大限に生かしたデッキを作ればいいのだ。
躍動マルドゥク

肉付け、そして爆誕

デッキの骨になる部分は決まった。そしたら次は肉をつければいい。
まず躍動する死者をマルドゥクとのコンボ以外で使う方法を考えなければならない。

筋肉

決めれば勝つというコンボではない故、使い方が1種類しかないというのはかなり弱い。
デッキに入る再生を決める必要があり、最終的にアリスとミヤビの2種を採用することに決めた。

その採用理由を説明しよう。

小さき怨恨 アリス
EBEC6971-DD67-4C8F-81F2-BD193AA970F6


このカードは最も低コストの再生持ちミニオンであり、
移動攻撃を持つのでマルドゥクとの相性がいいのが特徴だ。
そして躍動する死者との相性がすこぶる良く、具体的な使い方は以下のようになる。
  • 1手目躍動アンロック>2手目アリス躍動
この動きをすると2ターン目に2/2速攻再生を出すことができる。
さらにこの動きの強いところは、先手であれば4手目に躍動が戻ってきてミヤビが速攻で走ってくることだ。
先手4手目の再生領域移動無効3/4速攻、インチキ以外何者でもない。思わず相手はこう叫ぶであろう。


「ズ⤴︎ルじゃん!!」

そう、ズルなのである。だがカードゲームはズルして勝つものであり、
ズルが沢山できるデッキが強いのだ。

九命の猫又 ミヤビ
34F1BBF4-33EE-4FAB-ACB0-F45D0368E5A5
再生になぜか領域移動無効をつけた謎カード。
弱点を自分で補ってる上、死ぬと1点飛ばす。
基本的に4コストのカードは後攻で使いにくいはずだが、
躍動する死者と合わせることで、後攻でも問題なく運用できる。
躍動マルドゥクにおいて全てが噛み合ってるカードだ。

その他の再生持ちカードは1枚も入れていない。
ミヤビアリスで6枚とマルドゥク3枚の合計9枚あれば、
3枚のカードの受けとしては十分であると考えたからだ。

これでデッキの骨と筋肉はできた。
あとはそれをサポートするその他の肉の部分になる。

デッキに合いそうな1コストや2コストを入れ、
知り合いと対戦しながら枚数を調整し、以下のデッキができた。

躍動マルドゥク-9月魔杖戦型
decklist

美しい、デッキリストを遠目で眺めるだけでも分かる圧倒的なまでの美しさ、
40枚全てのカードが勝ちを目指したシナジーになっているデッキが目の前にあった。

余りにも美しいデッキなので、魔杖戦前にツイートしてしまった。
0D8D7465-A21A-4D99-8E99-E8F9B56F7822
今世紀最大の嘘を添えながら

これでデッキは完成した。
次回はこのデッキの詳細な回し方と、思い出したくないが魔杖戦の振り返りをしようと思う。
それでは、また次回。


続く