どのようにして今回の形の躍動マルドゥクができたか?その軌跡を説明しよう
今回は敢えて、デッキの回し方の解説せず、最後に動画を載せることだけにする
是非自分で回して、このデッキのパワーを感じて欲しい
かなりクセの強いデッキではあるが、強さと楽しさは間違いない

現状の課題

10月の魔杖戦、2-2で4回戦終了時にドロップという惨敗をしたのがことの始まりである

まずはその時のデッキと負け方を見直してみる
decklist

このデッキのダークオーラ2枚を死者の蘇生2枚に差し替えただけのものが10月魔杖戦のデッキだ

負け方

次は負けた試合を振り返ってみる

対赤黒(後手)
  • 相手ジャックオランタンスタート>リトルゴレム
  • ジャック→リトルゴレム(相打ち)シグレ本体2点>魂魄の召喚→シグレ(相打ち)
このように最初の2ターンで5分で返すことしかできず、そのまま盤面を取られる
その後、覚醒ターンに躍動マルドゥクをする余裕がなく、連鎖する呪いで返したものの、ライフは取れず
ミモザで微妙にユラノ圏内から逃げるが、ここでもライフが取れず
そのまま五行でミモザを殺され、ユラノでフィニッシュ
典型的なアグロ対アグロの後手負け

対白黒(後手)
1コスト引けずそのままマウント取られ死


これを脳死プレイヤー風にまとめるとこのようになる。

赤黒戦
「アグロ対面で後手とってアリス引けない上に、相手にドブンされたらむりだよねー」
白黒戦
「後手とって1コス引けなかったら無理だよね、事故事故、カードゲームつまらねー」


実際、10月魔杖戦当日はこんな言い訳をしながら中華料理を食ってた記憶がある
しかし、これはただの言い訳であり、こんな言い訳をするくらいなら
  • 後手でアリス引けなくても勝てるように構築されていないデッキが悪い
  • 後手で1コスト引けない状態から巻き返せないデッキが悪い
  • そんなデッキを大会に持ち込んだ自分が悪い
こう考えるべきであった


アグロ対面を攻略する

対アグロ(特に次回増えるであろう赤黒)相手にどうするか?
これが次のチャンピオンシップの鍵になると確信した。その時に思い出したあるMTGプレイヤーの言葉がある
それは、日本初のプロツアー殿堂プレイヤーの藤田剛の言葉だ
彼はニコニコ動画のグランプリの生放送の解説でこう言った

「アグロに負けた時、手札に残ったカードは全てディスアドバンテージである。アグロに困った時はマナカーブの平均コストを1下げてカードを使いきれるようにしてみるといい」
(微妙にニュアンスは違うが、意味は大体一緒)

先人の言葉は素直に受け入れるのが勝利への近道だ、これを実践してみる

まず現状のマナカーブを見てみよう
  • 1コスト:19枚
  • 2コスト:10枚
  • 3コスト:3枚
  • 4コスト:5枚
  • 5コスト:0枚
  • 6コスト:3枚
ではここからマナカーブを下げていくにはどうなるか
まず2コスト以上の必須パーツをリストアップしてみる
  • 2コスト
    アリス:3枚
    マルドゥク:3枚
  • 3コスト
    プルモーの突撃兵:3枚
  • 4コスト
    ミヤビ:3枚
  • 6コスト
    ミモザ:3枚
  • 合計 15枚
ここから最終的に導き出された結論が

「この15枚以外のカードを全部1コストにすればいいのでは?」
「そうすれば1コストミニオンを引けないという事故もなくなるじゃん!!」
という狂気に達したのである
(この結論に達するのにかなり時間がかかった)


何の1コストを入れるか

この結論に達した瞬間に公式サイトの1コストの青黒のカードを全て確認した

ミニオン
  • リトルスカルデビル
  • 下忍カスミ
  • リトルゴレム
  • ヴァンパイアバット
  • ルサルカの伝令
  • プルモーの毒銛撃ち
  • シオマネキ
スキル
  • 死者の蘇生
  • ショックボルト
  • 躍動する死者
  • スリッピィレーン
  • 厳かなる埋葬
アーツ
  • ブルーレクイエム

その中から以下の9種25枚を選定したのだ

ミニオン
  • リトルゴレム:3枚
  • 下忍カスミ:2枚
  • プルモーの毒銛撃ち:3枚
  • ヴァンパイアバット:2枚
  • ルサルカの伝令:3枚
スキル
  • 躍動する死者:3枚
  • 死者の蘇生:3枚
  • スリッピィレーン:3枚

このデッキは攻めるデッキである。
最終的に攻めに転じらられないカードは0.5秒で選外となった

求めたものは、

「最大級の殺意」

そして

「8試合事故なしで戦い抜く最強の安定性」

では1枚ずつ選定理由を説明していこう


リトルゴレム
定番の1コストミニオン
先手であれば対象にできないパワー2、後手であれば除去されない壁
攻めにも守りにもなるので採用、ヴァンパイアバットと最後まで迷ったが
パワー2と結界の安定感を評価して3枚


下忍カスミ
これも定番のミニオン
先手1ターン目ではあまり出したくないが、本体火力になる上
盤面処理し、足りない1点を補って相手ミニオンを処理できる
ミニオンで壁にもなるので防御性能も十分
攻めにも守りにもなるので採用
黒系アグロが増える読みで、スリッピィレーンに枠を奪われ2枚


プルモーの毒銛撃ち
デッキコンセプトのカードなので抜いた瞬間にデッキではない
壁になりつつ、相手のライフを詰めることができる
攻めにも守りにもなるので採用、安定の3枚


ヴァンパイアバット
青黒唯一のタフネス2の1コストミニオン
シオマネキ?そんなやつ知らない
相手のタフネス1ミニオンを処理しながらダメージを与えられる
このカード1枚で悶絶する代表的なミニオンを列挙すると
  • 下忍カスミ
  • ルサルカの伝令
  • 樹精サクラ
  • 新緑の精霊
  • ジャックオランタン
  • リトルドラコ
  • アリス
  • 他1/1ミニオン全て
恐ろしく範囲が広く、攻めにも守りにもなる
さらにアタック対象が入れば強襲でライフも取れる優れもの
リトルゴレムとギリギリまで迷い2枚


ルサルカの伝令
1コストのカードを並べるってことは手札が枯れやすい
カードのリソースを稼ぐための必須パーツ
攻めにも守りにもならないがミニオンなので及第点
入れたくないけど入れなきゃデッキが回らない、仕方ない3枚


躍動する死者
デッキ名、コンセプト
入れない理由がない3枚


死者の蘇生
躍動する死者の相方であり、別に単品で引いても構わない
躍動する死者が引けない時は覚醒前に真ん中にミニオンを用意して
擬似的な躍動マルドゥクも可能になる
オサキをとるためにも欲しいので確定の3枚


スリッピィレーン
ククリ以外のタフネス1ミニオンを全て落とすカード
先手時のリトルゴレム対面でゴレムを殺して顔面2点
1/2を落とす時にヴァンパイアバットと合わせてもあり
その他
  • ハモニアを1コストで退ける
  • 相手のアタッカーをミヤビの前にずらす
  • 邪魔な威圧をどかして前を開ける
  • アネット、ツクヨミでパンプされてるカードをどかす(ナイトメア以外)
  • ミラーでマルドゥク前にいるプルモーをどかしてから殺す
  • 4コス3/3先制のクローネ(名前忘れた)を真ん中からどかす
  • クド時にマルドゥクでどかせない真ん中をどかしてクドを殺す
などなど、躍動マルドゥクの致命的な弱点だったものを全てカバーしてくれる
迷ったが、引けないと詰むシチュがあるので3枚


ブルーレクイエム
攻めにも守りにもなるのは言わずもがな、3枚必須

そして以上の25枚と、必須パーツ15枚を足したデッキが
チャンピオンシップで使った青黒躍動マルドゥクである

やくまる完全版


そして、南越勢の「らぁく」さんの助言で、

特定の調整相手以外にはデッキを伏せ、ネットでの公表もしなかった

そしてらぁくさんと全く同じレシピでチャンピオンシップに挑み、

私は本戦で8-0の優勝、らぁくさんはガンスリで11-0で優勝という結果を残し、

今回のチャンピオンシップは幕を閉じた

今回このレシピを公開したことで、また皆が対策を練り、メタゲームが回ることだろう

その時、そしていずれ来る4弾環境でも勝ち続けられるように、私は研究を続けていきたい


動画(南越谷卓上遊戯部)

南越谷勢で撮影している、このデッキの動画を紹介しよう
調整中なので別のカードがちらほら入っているが、本筋は同じである
ブン回ったときの躍動マルドゥクの力を是非感じていただきたい


動画(チャンピオンシップ決勝)

注::公式の動画がアップロードされたらここに追加予定








Ds9NO8FVYAAgU5S.jpg large

最後に自分のデッキとアクリルで記念撮影